生活にリサイクルを取り入れよう

着物で生活していた時代が、リサイクルのお手本

環境のことを考えれば、リサイクルは絶対必要なことだと思います。
それは分かってはいるものの、なかなか実生活では徹底することはできずにいます。
私は今、着物に興味を持ち始め、着物に関する本などを読んでいます。
古くは日常着として着られていた着物ですが、今では着る人も少なく、箪笥の肥やしとなっているものも少なくないでしょう。私の箪笥にも、肥やし状態の着物が数枚ありますが、箪笥の肥やしほど無駄なものはありません。いつか日の目を見させてあげようと、着付けの練習などもしているところです。

着物というものは、代々受け継がれるものだといいます。
着物は、母から娘へ、そしてまたその娘へと受け継がれていく間に、一つの着物は何度も人の手で修繕され、染め直し、あるいは仕立直しをされます。
そして、いずれ生地が傷み、着用することができなくなった着物は、座布団カバーや巾着袋などの小物に姿を変えるのです。

まさに、これぞリサイクルのお手本といえるでしょう。ここまで使い倒されれば、着物もまた喜んでいると思います。
これを当たり前のように続けてきた日本人ですが、現代の生活で日常着となっている洋服を、着物のように使い倒す人はほとんどいないと思います。
むしろ、穴のあいたものを修繕などしていたら、貧乏くさいと言われることすらあります。
穴があいて使えなくなっても、お気に入りのものならば、いつまでも手元においておきたいと思うはずです。

その気持ち自体が、失われているということなのかもしれません。

イチオシサイト

Copyright (C)2017生活にリサイクルを取り入れよう.All rights reserved.